どうも、芋ころりんです!

前回は、私の「モノの選び方」について話をしました(勝手に

今回は、産院選びにあたり知っておきたい前提情報として、産院の種類や選ぶ際のポイントについて、芋ころリサーチをまとめたいと思います!

71DD8C2A-CAAB-4118-BEE1-12F66E16D018


産科は大きく分けて3種類


まず、病院探しをし始めた当初、芋ころは病院の種類からして知らなかったのですが、産院は大きく分けて以下の3つに分類されるようです。


1 大学病院や総合病院

2 産科・産婦人科専門のクリニック、個人病院

3 助産院


それぞれの特徴としては以下のように言われています。
 

1 大学病院や総合病院

【メリット】
産婦人科以外にも内科など様々な診療科がある。また、
新生児集中治療室(NICU)があると、合併症がある場合・高齢出産・多胎児出産などのハイリスク出産や、分娩時の緊急自体が起きた場合に迅速に適切な対応が行える。


【デメリット】
待ち時間が長く、毎度先生が違うことが多い

2 産科・産婦人科専門のクリニック、個人病院
【メリット】
医療スッタフが少ないため、比較的同じ先生に診てもらいやすく、担当制の病院もある。また、医院によっては無痛分娩など多様な分娩スタイルから選べたり、個室を備えているところもある。食事が豪華。

【デメリット】
 ハイリスク出産や分娩時に緊急事態が起きた場合、提携病院先に転入しなければならない

3 助産院
【メリット】産後ケアや母乳育児など丁寧にアドバスをしてくれるところが多い。家庭環境に近い雰囲気で産める


【デメリット】助産師は医療行為ができないので、順調な妊娠経過をたどっている妊婦さんしか選べない


参考:ぐるなびWEDDING


選ぶポイント

産院選びのポイントとして、以下のような項目があげられます。

・家からの距離
・産院の種類
・緊急時の搬送態勢や提携先
・医師・看護師・助産師等の対応や、雰囲気
・分娩の種類・産院の医療処置の考え方・方針
・母乳指導があるかどうか
・健診費・分娩費の価格
・産前産後の各種クラスがあるかどうか、その種類


とはいえ、先生の対応や雰囲気はぶっちゃけ行かないと分からないっていうのはありますよね・・・。

私はね、1度産院にお世話になったことあるのですが、とても人気の産院に行ったのですが、なーんか診察が事務的な感じがして嫌だったんですよね〜。それでしっかり選びたいなと調べているんですが。

まぁ先生の雰囲気も結構口コミに書かれているので、そのあたりも参考にすると良いかと!

参考:たまひよ 産院選び

勉強になるおすすめサイト

マイナビウーマン子育て/【漫画】産院選びのポイントは?「赤ちゃんがやってくる!」第4回

産院選びの概要が漫画になって紹介されています!
漫画だから読みやすいし、初心者向けに書かれているので、「産院選びをどこから初めたらいいんだ・・・(ノ◇≦。) 」となっている人にこそ読んでほしい内容です!

次回からは、芋ころが実際に産院を選ぶ様子を書いていきます!
またね(*゚∀゚)っ